fc2ブログ

「海を渡る風Ⅱ」

波と波がぶつかる

●Sコンバンデ◎2023・11・25大堰A_236-2
撮影 2023・11・25 新潟市西区 新潟大堰

何をどうしてもパッとしない時は色を変えてみる。


信濃川が海の近くで信濃川と関屋分水路(これ)に分かれ そこには新潟大堰橋がかかり 5個位の
水門があり 左岸の1個だけ開かれ残りは閉じる。

海から白波蹴立てて水門に押し寄せる多数の波と 水門に跳ね返された波がぶつかりこんな景色を見せる
 時にそれは大きく盛り上がり(㊦のは全然です)そして何事も無かったように消えていく。


たまに凄い波を見せてくれるので 性懲りもなく強風 悪天候の中出かけていく
川沿いにフェンスがあるからいいようなものの 三脚事飛ばされそうな風が吹きます
あなたも是非 一度泣 ( ̄◆ ̄;)

※これのみ過去画像 2020・12・18 新潟大堰
●●◎S2020・12・18大堰_732-2

㊤見ちゃうと㊦見られないでしょ(笑)
●ST◎2023・11・25大堰A_171-2

今回のシャッター速度は1/800が殆どみたい
●S◎2023・11・25大堰A_66-2

波撮りにはいい日でしたが・・・
●ST◎2023・11・25大堰A_135-2

雨が降り強風の時は長くつにホッカイロいれてカッパ着て三脚にしがみつきながら
●S◎2023・11・25大堰A_263-2

もう歳とりたくないのです それはあなたも一緒でしょ?若いうちはいいけどね~~~ (*゚▽゚)ノ
●ST◎2023・11・25大堰A_145-2


ランキングに参加していますm(_ _)m 
にほんブログ村 シニア日記ブログへ

スポンサーサイト



Last Modified :

Comments







非公開コメント
No Subject
エムライトさん、おはようございます。

なるほど、波と波がぶつかって、そこに生まれるなんともいえない景色(何と表現して良いのか、私にはまだよく分かりませんが)に魅入られていらっしゃるんですね。
これはたぶん現場で見ないと、その魅力は十分にはわからないのでしょうね。
この写真を撮りに行こうと思うと、それにはなんといっても体力、気力がないといけません。
故に、年は取りたくないんですね。

と勝手な理解と想像で失礼しました。
2023-12-10-04:48 mamekichi
[ 返信 * 編集 ]
エムライト
mamekichiさんへ
こんにちわ~~

そうなんです たまにいい波が見られると
また見たさに悪天候の中 行ってしまいます
そこに行って波音がドー~ンド~ンと
響いてる日があると これこれ この音と思う。

段々歳をとると体が大事になり天候を
選ぶようになります 明らかに当初より
良い天候を選ぶようになりました。

もっと写真がうまければと思います。
2023-12-10-13:29 エムライト
[ 返信 * 編集 ]
No Subject
エムライトさん、こんばんは。

景色だけでなく、波音も魅力の大きな部分を占めているんですね。
というか、音の方が重要なのかもしれないと思いました。

それにしても、天候が良いときよりも悪いときの方が、良い波が出そうですね。
なかなか難しいことですね。
2023-12-10-18:41 mamekichi
[ 返信 * 編集 ]
エムライト
mamekichiさんへ
こんばんわ

ドーンという波音は滅多に聞けません
その音を聞くと胸が高ぶってきます
「お~ きたきたきた~~~」って

そうですね この日みたいに天候が良くて
波が高いのは少ないです。

2023-12-10-19:00 エムライト
[ 返信 * 編集 ]
No Subject
迫力満点ですね。
強風の中で踏ん張りながら波を追いかける。
その努力が報われいい写真ですねえ。
風邪引かないようにね・・・
2023-12-10-21:31 ララ
[ 返信 ]
エムライト
ララさんへ
有難うございます
一枚目は色味を変えたらやっと
良くなりました そう言って頂くと
顔が にんまりしてが崩れてきます(笑)

マスクする事で冷たい空気吸わずに
済んでいい感じです ありがとう。
2023-12-10-22:35 エムライト
[ 返信 * 編集 ]